家なき子家なき子

日本テレビ系/1話30分 全51話/(C) TMS

放送期間

1977.10.02 〜 1978.10.01

媒体

テレビシリーズ

ジャンル

ヒューマン

作品名

作品名

作品名

家なき子

【いえなきこ】

ストーリー

ストーリー

ストーリー

南フランスの農村で母親の愛情を一身に受け育った少年レミ。だが彼は捨て子だった。出稼ぎ先で負傷し、すさんでいた養父は、ある日、旅芸人一座にレミを売ってしまう。だが座長のビタリスはレミを実の子のように扱い、文字や音楽、そして”生きる”ことの尊さを教えていく……。H・マローの同名の名作児童文学を原作に、出崎統が映像化。一年間をかけた重厚かつ精緻なストーリー展開、丁寧な人物描写、本格的な現地ロケにより描かれたフランスの風景など、日本テレビ開局25周年記念作品にふさわしい大作。

登場人物

レミ

レミ

シャバノン村で幸せに暮らしていた少年。しかし、養父のジェロームに旅芸人一座に売り飛ばされてしまう。だが、多くの困難を乗り越え、たくましく成長していく。(声:菅谷政子)

バルブラン・ママ

バルブラン・ママ

捨て子だったレミに、惜しみない愛情をそそいだ育ての母。貧しいながらも、レミと二人で夫の留守を守り勤勉に働く。(声:鈴木弘子)

ジェローム

ジェローム

パリに出稼ぎに出ていたレミの養父。かつては心の暖かい人物だったが、仕事中の事故をきっかけにすさんでしまい、レミを旅芸人に売ってしまう。(声:青野武)

ビタリス

ビタリス

誇り高く、知性と教養に満ちあふれた旅芸人一座の座長。様々な楽器を操り、素晴らしい歌声を持つ。厳しいながらも大きな愛情で、レミを導いていく。(声:近藤洋介)

カピ

カピ

ビタリス一座の動物達のリーダー的な存在の犬。非常に賢く、頼りがいのある友人として、レミの旅に最後までつきあうことになる。

ゼルビーノ

ゼルビーノ

おとなしいビタリス一座の動物の中では、一番わがままで気も荒い犬。空腹に耐えかねて、盗みを働いてしまうことも。

ドルチェ

ドルチェ

ビタリス一座の中で紅一点のプードル犬。その愛らしい姿で、芝居の上では白衣の天使役を演じる。ゼルビーノと行動を共にすることが多く、甘え上手で好奇心旺盛。

ジョリクール

ジョリクール

一座の人気者だが、いたずら者で気取り屋の猿。しかし大道での芝居に情熱をそそぐ姿は、まさに「名優」。アフリカ生まれのため、寒さには弱い。

原作

エクトール・アンリ・マロー

メイン・スタッフ

総監督:出崎統/脚本:山崎晴哉、伊東恒久、杉江慧子/作画監督:杉野昭夫/画面設定:大橋学/撮影監督:高橋宏固/プロデューサー:武井英彦、山崎敬之/音楽:渡辺岳夫

声の出演

レミ:菅谷政子/ビタリス:近藤洋介/バルブラン・ママ:鈴木弘子/ジェローム:青野武/ミリガン夫人:武藤礼子/アーサー:山本嘉子/マチヤ:小原乃梨子/リーズ・アキャン:高坂真琴/語り手:宇野重吉ほか

主題歌

OP「さあ歩きはじめよう」(歌:沢田亜矢子、作詞:東京ムービー企画部、作曲:渡辺岳夫、編曲:松山祐士) ED「はらぺこマーチ」(歌:沢田亜矢子、作詞:東京ムービー企画部、作曲:渡辺岳夫、編曲:松山祐士)

ライセンス窓口

トムス・エンタテインメント

関連作品

カテゴリ

放映期間

年 −

対応サービス

アニ読メ

アニ見ル

ムービースクエア

キーワード検索キーワード検索