じゃりン子チエじゃりン子チエ

毎日放送系/1話30分 全64話/(C) はるき悦巳/家内工業舎・TMS

放送期間

1981.10.03 〜 1983.03.25

媒体

テレビシリーズ

ジャンル

ギャグ&コメディ

作品名

作品名

作品名

じゃりン子チエ

【じゃりんこちえ】

ストーリー

ストーリー

ストーリー

ゲタバキの元気少女・竹本チエは、浪花の小学生。自由きままに生きている父親のテツは仕事もせずにバクチに明け暮れ、母親のヨシ江は別居中で、おジイはん、おバアはんや、テツの恩師・花井先生に心配をかけている。「ウチは日本一不幸な少女や」が口グセのチエだが、店の仕入れ金を盗もうとするテツをゲタでドツキつつ、ネコの小鉄とともに、家業のホルモン焼き屋をきりもりしているのだ。

登場人物

竹本 チエ

竹本 チエ

仕事もせずに遊び呆けている父親・テツに代わって、ホルモン焼き屋の店を一人で切り盛りしているたくましい少女。体育は得意だが、仕事が忙しくてなかなか宿題ができないため、成績はイマイチ。「ウチは日本一不幸な少女や」が口グセ。

竹本 テツ

竹本 テツ

本当はホルモン焼き屋の主人のはずだったが、仕事もせずに遊びまわっているため、今では店の暖簾にも「チエちゃん」と娘の名前を書かれてしまっている。ケンカはメチャクチャ強くて、ヤクザ相手でもまったくビビらない。

小鉄

小鉄

無類の強さを誇り、挑戦してくる猫たちを次々に返り討ちにしては、放浪の旅を続けていた。だが、あるとき、そんな生活に嫌気が差し、チエの家の飼い猫となる。土佐犬さえ負かしたといわれるアントニオとの戦いで、その強さを証明した。

おバァ

おバァ

テツの母親。どうしようもない息子・テツを育ててしまったことに責任を感じ、チエの面倒を一生懸命に見ている。普段は優しいが、実はケンカがメチャクチャ強く、テツに勝つのは当り前、街のヤクザやチンピラさえも歯が立たない。

おジィ

おジィ

テツの父親。チエの不幸な身の上をいつも心配している。たくましい母親・おバァとは正反対で、気が弱く、テツがウソをついて金を借りに来ると、ついつい貸してしまい、そのたびにおバァに叱られている。そのためか、心臓が弱いらしい。

ヨシ江

ヨシ江

テツの傍若無人なふるまいに耐えられず、娘のチエを残して家を出て来てしまう。チエのことをいつも心配しているが、チエの方がむしろ気の弱い母親を気づかっているようなところがある。洋裁が得意で、チエの服は自分で作る。

原作

はるき悦巳

メイン・スタッフ

チーフディレクター:高畑勲/キャラクター設定:小田部羊一/脚本:篠崎好、高屋敷英夫/音楽:風戸慎介

声の出演

竹本チエ:中山千夏/竹本テツ:西川のりお/丸山ミツル:上方よしお/小鉄:永井一郎/アントニオJr.:太田淑子/ヨシ江:山口朱美/ヒラメ:三輪勝恵/マサル:入江雅則

主題歌

OP「バケツのおひさんつかまえた」(作詞:はるき悦巳 作曲:惣領泰則、早川博二 編曲:惣領泰則 唄:中山千夏、大野 進) ED「ジュー・ジュー・ジュー」(作詞:はるき悦巳 作曲:惣領泰則 編曲:惣領泰則 唄:中山千夏)

ライセンス窓口

家内工業舎

関連作品

カテゴリ

放映期間

年 −

対応サービス

アニ読メ

アニ見ル

ムービースクエア

キーワード検索キーワード検索