アタックNo.1アタックNo.1

フジテレビ系/1話30分 全104話/(C) 浦野千賀子・TMS

放送期間

1969.12.07 〜 1971.11.28

媒体

テレビシリーズ

ジャンル

ヒューマン

作品名

作品名

作品名

アタックNo.1

【あたっくなんばーわん】

ストーリー

ストーリー

ストーリー

富士見学園中等部に転校してきた鮎原こずえは、やり場のない力を持てあました不良グループを率いて、バレーボール部に挑戦。その技量を見込まれて新キャプテンとしてバレー部に迎えられる。チーム内でのエース争いの末に無二の親友となる早川みどり、ボーイフレンドの一ノ瀬努、新たな技を生み出させるために猛特訓を課した本郷コーチ……。鮎原は、様々な人々に支えられて、中学、高校、そして世界のアタックNo.1に成長していく。

登場人物

鮎原こずえ

鮎原こずえ

富士美学園に通う中学二年生。東京の名門・明法学園から転校してきた。類いまれなバレーボールの才能の持ち主で、テストでは首席を取る程の秀才でもある。転校以来退屈な日々を送っていたが、不良グループとの出会い、またバレー部との確執をきっかけに、再びバレーに打ち込む日々を送ることになる。

早川みどり

早川みどり

小学5年の時に京都へ転校したが、父の会社が富士見市にも支社を持つことになり、故郷へと戻ってきた。キャプテンの座をめぐってこずえと激しく衝突するが、チームワークの大切さに気付き和解、以来"アタックコンビ"のパートナーとして、また無二の親友として、こずえとともにバレーの道を歩んでいく。

本郷先生

本郷先生

富士見学園の教師。自ら志願してバレー部のコーチを引き受ける。スパルタ特訓でこずえたちを厳しく鍛え上げるが、その底には生徒への深い愛情が流れている。

一ノ瀬努

一ノ瀬努

富士見学園の生徒会副会長と新聞部を兼任する秀才で女子生徒達の憧れの的。こずえとは遠い親戚にあたり、こずえにとっての良きケンカ友達であり相談相手である。

原作

浦野千賀子

メイン・スタッフ

脚本:辻真先、出崎哲、山崎晴哉、伊東恒久、七条門、他/演出:黒川文男、岡部英二、竹内啓雄、他/作画監督:竹内留吉、小林治、中村英一、他/撮影監督:清水達正/美術監督:池田隼(23〜81話)、福田尚郎(82〜104話)/録音監督:山崎あきら/音楽:渡辺岳夫

声の出演

鮎原こずえ:小鳩くるみ/早川みどり:坂井すみえ/一ノ瀬努:森功至/本郷先生:中村秀生/猪野熊監督:村瀬正彦/清水先生:森ひろ子/大沼みゆき:栗葉子/真木村京子:増山江威子、他

主題歌

OP「アタックNo.1」(作詞:東京ムービー企画部/作曲:渡辺岳夫/歌:大杉久美子) ED「バン・ボ・ボン」(作詞:東京ムービー企画部/作曲:渡辺岳夫/歌:伊集加代子)

ライセンス窓口

トムス・エンタテインメント

関連作品

カテゴリ

放映期間

年 −

対応サービス

アニ読メ

アニ見ル

ムービースクエア

キーワード検索キーワード検索