劇場版名探偵コナン「紺碧の棺」劇場版名探偵コナン「紺碧の棺」

東宝/107分 1話完結/(C)2007 青山剛昌/小学館・読売テレビ・日本テレビ・小学館プロダクション・東宝・TMS

放送期間

2007.04.21 〜

媒体

劇場

ジャンル

アドベンチャー

作品名

作品名

作品名

劇場版名探偵コナン「紺碧の棺」

【げきじょうばんめいたんていこなん こんぺきのじょりー・ろじゃー】

ストーリー

ストーリー

ストーリー

太平洋に浮かぶ小さな島“神(こう)海(み)島(じま)”へバカンスにやって来たコナンたち一行。神海島には“海底宮殿”と呼ばれる古代遺跡があり、そこには300年前に実在した2人の女海賊アン・ボニーとメアリ・リードの財宝が眠っていると言う伝説が残っていたため、多くのトレジャーハンターたちが訪れていた。そんな中、海底宮殿の近くでダイビングしていた蘭たちの目の前で、ハンターの一人が鮫に襲われ死亡してしまう。だがコナンは事故ではないと推理する。海の眠る伝説と、密かに動き始めた陰謀。コナンは真実を見抜けるか!?

登場人物

江戸川コナン

江戸川コナン

いまの姿は小学1年生。だが、その正体は高校生名探偵“工藤新一”。黒の組織の開発した毒薬によって子供の姿に戻されてしまうが、変わらぬ頭脳と阿笠博士の開発した探偵グッズによって難事件を次々と解決していく。好きな食べ物はレモンパイ。誕生日は5月4日。運動神経は抜群でサッカーは得意だが、音痴。メガネは変装用で目は悪くない。幼なじみの毛利蘭を見守っている。

工藤新一

工藤新一

帝丹高校2年生。卓越した推理力を持つ高校生探偵。「平成のホームズ」の異名をもつ。サッカーの腕前はプロ級。幼なじみの蘭とは相思相愛の仲なのだが告白できないままコナンにされてしまった為、元に戻ったら告白しようと思っている。

毛利蘭

毛利蘭

工藤新一の幼なじみで同級生の女の子。現在は父小五郎とコナンと3人で暮らしているが、コナンの正体が新一とは知らない。性格は優しくて、明るく活発。高校では空手部のキャプテンを務め、都大会で優勝するほどの腕前。難事件を解決するためという理由でいなくなった新一を心配し、帰ってくることを心待ちにしている。

毛利小五郎

毛利小五郎

米花町に事務所を開いているお調子者の探偵。蘭の父親で別居中の妻(妃英理)がいる。コナンの正体である工藤新一のことは娘の幼なじみとしてよく知っているが、自分がコナンに眠らされている間に難事件を解決しているとは全く気付いていない。そのおかげで通称「眠りの小五郎」と呼ばれている。アイドル沖野ヨーコの大ファン。

鈴木園子

鈴木園子

蘭の同級生で大親友。鈴木財閥のお嬢様でとにかく流行ものとブランド物が好き。好奇心が強く、小五郎と張り合うくらい調子がいいので、まったくお嬢様っぽく見えない。京極真とは恋人関係にある。

目暮十三

目暮十三

警視庁刑事部捜査第一課強行犯捜査三係の警部で小五郎の刑事時代の上司。新一の推理力を高く評価しており、難事件が起こる度にアドバイスをもらっている。茶色のコートと帽子がトレードマークでお腹が出ている中年太りの体型から同期の中森警部からは「目暮のタヌキ」と呼ばれている。

阿笠博士

阿笠博士

本名:阿笠博士(あがさひろし)。自称天才発明家でコナンの正体を知る数少ない存在。コナンの良き理解者であり、頼りになる協力者。コナンの探偵グッズの数々は阿笠博士の発明品である。おじいさんのような外見だがまだ52歳。面倒見がよく、現在は灰原哀と同居中。愛車はビートル。

原作

青山剛昌(小学館「週刊少年サンデー」連載)

メイン・スタッフ

監督:山本泰一郎/脚本:柏原寛司/プロデューサー:諏訪道彦(読売テレビ)・吉岡昌仁(TMS)/音楽:大野克夫/キャラクターデザイン・総作画監督:須藤昌朋/美術監督:渋谷幸弘/色彩設計:西香代子/撮影監督:野村隆/編集:岡田輝満/音響監督:井澤基/音響効果:横山正和/ストーリーエディター:飯岡順一/アニメーション制作:東京ムービー

声の出演

江戸川コナン:高山みなみ/毛利蘭:山崎和佳奈/毛利小五郎:神谷明/工藤新一:山口勝平/目暮警部:茶風林/阿笠博士:緒方賢一/吉田歩美:岩居由希子/小嶋元太:高木渉/円谷光彦:大谷育江/灰原哀:林原めぐみ/鈴木園子:松井菜桜子

主題歌

■主題歌「七つの海を渡る風のように」(歌:愛内里菜&三枝夕夏)■オリジナルサウンドトラック「名探偵コナン 紺碧の棺」(大野克夫)

ライセンス窓口

小学館集英社プロダクション

関連作品

カテゴリ

放映期間

年 −

対応サービス

アニ読メ

アニ見ル

ムービースクエア

キーワード検索キーワード検索