やなせたかしシアター同時上映「アンパンマンが生まれた日」やなせたかしシアター同時上映「アンパンマンが生まれた日」

東京テアトル/12分 1話完結/(C)やなせたかし/フレーベル館・TMS ・NTV (C)やなせたかし/TMS

放送期間

2012.12.01 〜

媒体

劇場

ジャンル

キッズ&ファミリー

作品名

作品名

作品名

やなせたかしシアター同時上映「アンパンマンが生まれた日」

【やなせたかししあたーどうじじょうえい あんぱんまんがうまれたひ】

ストーリー

ストーリー

ストーリー

ジャムおじさんとバタコは雨の日も風の日も、待っていてくれる人のために焼きたてのパンを配りに街へ行く。ある日、小麦粉が底をついていたが、激しい嵐で外出できないジャムおじさんは、もどかしい思いを抱きながらパン生地をこねた。明日のために、たった一つのパンでも喜んでくれる人の笑顔を思い、バタコと一緒に生地をかまどに入れる。「おなかをすかせた人がいたら、駆けつけてパンをあげるような、優しい心を持ったアンパンになるといいね」と、どんなパンが焼きあがるか想像していると、奇跡が起こる。輝きを増した流星群が宇宙を飛び、地球へ飛来し、パン工場の煙突を通過して、かまどのパンに降り注いだ。するとかまどから赤ん坊のアンパンマンが飛び出してきた……。

登場人物

アンパンマン

アンパンマン

お腹が空いたり、困っている人がいたら、どこでも飛んで行くみんなのヒーロー。ジャムおじさんが心をこめて作ったパンに、命の星が落ちてきてうまれた。ばいきんまんが悪さをするとアンパンチでこらしめる。

ジャムおじさん

ジャムおじさん

パン作りの名人。やさしくて心があたたかい。アンパンマン号などのメカをつくることもある。また、とってもものしり。

バタコさん

バタコさん

パン工場で、ジャムおじさんのお手伝いをしている、明るい女の子。料理やお菓子づくりのほかにも、さいほうが得意。アンパンマンのマントがやぶれたときは、直してくれる

原作

原作:やなせたかし(フレーベル館刊)

メイン・スタッフ

監督:川又浩/脚本:米村正二/音楽:いずみたく・近藤浩章/制作協力:アンサー・スタジオ/アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

声の出演

アンパンマン:戸田恵子/ジャムおじさん:増岡弘./バタコ:佐久間レイ

主題歌

「アンパンマンのマーチ」 歌:ドリーミング(バップ)

関連作品

カテゴリ

放映期間

年 −

対応サービス

アニ読メ

アニ見ル

ムービースクエア

キーワード検索キーワード検索