エースをねらえ!エースをねらえ!

毎日放送系/1話30分 全26話/(C)山本鈴美香/集英社・TMS

放送期間

1973.10.05 〜 1974.03.29

媒体

テレビシリーズ

ジャンル

ヒューマン

作品名

作品名

作品名

エースをねらえ!

【えーすをねらえ】

ストーリー

ストーリー

ストーリー

高校テニス界の名門・西高テニス部。なかでも“お蝶夫人”の異名をとる竜崎麗香は、トップクラスの実力でテニス王国の女王として君臨していた。新入生の岡ひろみは親友の愛川マキとともにテニス部に入部するが、青年コーチ宗方仁は、ひろみを地区大会の選手に指名。ひろみは麗香ら上級生の反発と嫉妬をかう。ともすればくじけそうになるひろみを、男子部員の藤堂や、行き付けのハンバーガーショップの店員サブが暖かく励ますのであった。

登場人物

岡ひろみ

岡ひろみ

県立西高校1年生。竜崎麗華や藤堂にあこがれてテニス部に入部する。ちょっぴりミーハーでそそっかしいが、素直で純真な心の持ち主。宗方に素質を見いだされ、強引とも思える指導でグングン実力をつけていくが、本人は大きな波にもてあそばれるかのように悩み、苦しむ。

愛川マキ

愛川マキ

ひろみの大親友。素直でのびのびとした性格で、落ち込みが激しいひろみを常に支え、ポジティブな方向へと向けさせる手腕は大したもの。ひろみがどんどん天才ぶりを発揮して行くのに対し最後まで「凡人」の位置にとどまるが、ひろみにとって大切な存在であり続ける。

竜崎華麗

竜崎華麗

テニス王国西高2年で、超高校級スーパースター。その美しさと華麗なプレイからお蝶夫人とあだ名される。トップならではの孤独を知り尽くしているだけにプライドも高い。宗方の言動、ひろみの存在は、彼女のプライドを次第に傷つけ始める。父親はテニス連盟の理事。

宗方仁

宗方仁

西高テニス部の新任コーチとして就任。実は全日本ジュニア強化チームのコーチ就任が決定していて、西高でひろみを発掘する。鬼コーチぶりで部員たちに恐れられるが、そのダンディで寡黙な姿は、まさに“低温で燃える男”。ひろみとの師弟愛と確執は重量級の見ごたえだ。

藤堂貴之

藤堂貴之

西高2年で男子テニス部のスーパースターでありアイドル。麗華とのツーショットが絵になる王子様ぶりを発揮しつつも、次第にひろみに魅かれていく。優しく洞察力があり、どこかお坊っちゃんらしさを感じさせる。生徒会の会長(ちなみに副会長は麗華)でもある。

音羽京子

音羽京子

西高2年で、麗華の取り巻きの最右翼。レギュラー選手の座を新人のひろみに奪われ、ひろみイジメの最前線に立つ。しかし執拗なまでのイジメも、彼女なりのせっぱつまった理由があったことが明らかになる。原作の設定をふくらますことで存在感を増したキャラのひとり。

サブちゃん

サブちゃん

ひろみとマキの行きつけのバーガーショップのマスター。

ゴエモン

ゴエモン

ひろみの家の猫。ひろみの喜怒哀楽を文字通り体を張って受け止めているが、時々逆襲に出ることも。

原作

山本鈴美香

メイン・スタッフ

演出:出崎統/脚本:田村多津夫、馬嶋満、他/作画監督:椛島義夫、杉野昭夫、北原健雄/美術:石垣努/音楽:三沢郷

声の出演

岡ひろみ:高坂真琴/竜崎麗香:池田昌子/愛川マキ:菅谷政子/宗方仁:中田浩二/藤堂貴之:森功至、他

主題歌

「エースをねらえ!」歌:大杉久美子/作曲:三沢郷/作詞:東京ムービー企画部

ライセンス窓口

山本巧芸社

関連作品

カテゴリ

放映期間

年 −

対応サービス

アニ読メ

アニ見ル

ムービースクエア

キーワード検索キーワード検索