トムス・エンタテインメントでは、「持続可能な日本アニメ産業の未来を創る」という指針のもと、アニメーターの人材不足、デジタル作画への移行、CGの活用と作画との融合、アニメーション制作工程のDX、オリジナルIP開発等、中長期的に日本アニメ業界が抱える問題を足場から改善していくことに取り組んでいます。

「トムス・エンタテインメント クリエイター養成所」は、トムス・エンタテインメントそして日本アニメ業界が10年後、20年後という未来にわたって素晴らしい作品を生み出し続けるため、優秀なアニメーター、ディレクターを育成する目的で2021年4月にその前身が設立されました。目まぐるしく変わりゆく映像業界の渦中でも、確かな作画・演出の技能を持ったクリエイターだけは常に必要不可欠です。本養成所は、目先の利益を求めてクリエイターの卵を篩(ふるい)に掛けるのではなく、丁寧な教育指導と現場実習によって地に足のついた技術と知識を身につけていただき、アニメ業界を支えていく人材を着実に世の中に送り出していくことを目的としています。2023年度はその取り組みを加速するべく、組織名称を改め、間口を広げて研修生を募集いたします。

現役のアニメーターが講師となって作画の基本から応用にいたるまで論理的に解説し、また現場実習に参加することによって確かな経験を積めることが本養成所の特徴です。時々刻々変わりゆく制作工程そしてデジタル作画やCG等の新しい技術を学ぶこともカリキュラムの一つとなっております。

未知な世界で不安な方も多いと思いますが、しっかりとサポートしますのでぜひ奮ってご応募ください。

アニメーター・ディレクターの上達には、「努力」と「気づき」が重要です。個人の資質やセンス、経済状況や運だけにそれを委ねるのではなく、「努力」ができる環境と、「気づき」を早く与えて身につけられる学習プログラムこそが、私たちが目指すべき理想の養成所だと考えています。また作画技術だけではなく、実際の制作現場と紐づいた学習をすることで幅広いアニメーションの知識を獲得し、各セクションと連携していく力を伸ばしていくことも、日進月歩でオートメーションが進んでいる制作現場には肝要だと考えます。

技能の習得には時間がかかりますが、正しい知識なしに現場に参加すると、正しく技術は伸びていきません。またアニメーションへの志を持ったクリエイターの卵を、現場で篩(ふるい)にかけることも長い目で見ると日本アニメ業界の損失だと考えています。正確な技術と知識を、適正な「努力」と「気づき」で学習することこそが、ステップアップの近道となるのです。

確かな成果を積み上げることこそが、制作現場に参加してからの飛躍的な成長に繋がっていくと信じています。
また養成所の理念に基づき、受講料はトムス・エンタテインメントが全額負担します。さらに奨励金制度により、技能習得に集中できる環境を整えていきます。

日本アニメ業界が10年後、20年後にも輝き続けるため、もっと煌びやかに彩られるため、作品制作の現場で確かな活躍のできるクリエイターとなるお手伝いができればと願っております。

トムス・エンタテインメント
クリエイター養成所


株式会社トムス・エンタテインメント

〒164-0001
東京都中野区中野3丁目31番1号
MAP
PAGE TOP