トムス・エンタテインメントでは、「持続可能な日本アニメ産業の未来を創る」という指針のもと、現在ならびに将来にわたって日本アニメ業界が抱える問題をシステムから改善していくことに取り組んでおります。
その一環として「手描きからデジタル作画への移行」を推進しており、2021年8月よりデジタル作画専用のスタッフルームを開設し、フリーランスアニメーターを対象としたデジタル作画講習会を実施しております。

2022年度より、当社での業務経験がない方も受講できるように大きく間口を広げていきますので、 この機会にぜひご応募ください

週2回(1回2時間程度)の「ClipStudio講義」に加え、基本的な操作に精通したアニメーターと当社制作スタッフがサポートするデジタルスタッフルームにて2ヶ月間の課題をこなしていただき、ご希望があればL/Oや二原などの実作業をデジタル作画で挑戦してもらう「実技演習」により、デジタルスキルを身につけていただくプログラムとなります。

※デジタルスタッフルームへの参加時間帯についてはご相談ください

本講習会の受講者には、講義のアーカイブ映像、トムスデジタル作画マニュアルを確認しながらの予習・復習のほか、質疑応答の機会も定期的に設けておりますので、安心してデジタル作画スキル獲得に取り組んでいただけます。

作画マニュアルはこちらから

受講の様子

受講の様子


教本

教本


無料貸与の機材例

無料貸与の機材例



受講料は全額免除

(※奨励金の支給・受講料免除・機材の無料貸与については条件がございます。詳細は面談等にてお問合せください)

お問い合わせ・応募はこちらから
応募資格

フリーランスにてアニメーターをされている方

※原画・二原を対象とした講義となりますので、普段、L/O・原画を作業されていること

PC(Windows)の基礎的な知識がある方

募集人数

15名 予定

※オンライン受講希望に関しましては応相談

※応募者多数の場合は、当社で審査の上、選抜させていただきます

実施期間

2022年7月~8月予定(第3回)

定員になりましたので募集を締め切りました

2022年10月~11月予定(第4回)

※2023年以降も受講希望者の人数次第で実施予定

実施日程

ClipStudio講義

週2回(1回2時間程度)/火曜日、木曜日14:00-16:00

※講師の都合により受講期間・曜日変更の可能性がありますのでお問合せください

実技演習(当社制作スタッフがサポートするデジタル作画スタッフルームで自主学習いただけます。)
月曜日~金曜日 9:30~22:00

実習場所

TMSデジタル作画スタッフルーム(中野区中野3丁目31番8号)

受講料

受講料は当社全額負担

奨励金として月額5~20万円の支給あり

※一定の条件があります。面談等にてお問合せください

使用機材

ノートPC、Wacom Cintiq 16、ClipStudioPaintEX

※ご自身のPCを使用しながら液晶タブレットのみの貸与など、個別のご相談もお受けします

その他

現在、紙(手描き)で作画している作業者が、極力紙に近い環境で作業できることを意識しており、入門編では、タイムシートを活かした手法を取り入れております

トムスのテンプレートを使用することによって初期準備もほぼ必要ありません

応用編においては、演出・作監修正について触れるなど、レベルに合わせて学習いただけます

作監・演出を対象とした講義、基本的なデジタルスキルをお持ちの方向けの講義についてもご相談ください!!

※詳細に関しましては、担当者に確認してください

講師

川越崇弘(株式会社デジタルノイズ)

講師実績

WACOMとデジタルノイズでの共同開催のセミナー登壇
https://www.digicomimasters.com/mainsite/senpuki_seminar/

著書 Clip studio教本「CLIP PLAY STYLEvol.0~3」
https://ochazuke.booth.pm/
https://www.clipstudio.net/cert/ja/

Blender基礎のキソ講座(背景美塾) 担当講師
https://haikeibijuku.com/course/6666/

お問い合わせ・応募はこちらから

デジタルに専念できたのが大きかった

講習会がはじまってからデジタルに転向しましたが、1ヶ月目で仕事を取らずにデジタルに専念できたのが大きく、ラフ原はできるようになりました。2原は時間がかかるのでこれから早くなっていければ…。ライトテーブルが難しかったです。

(原画 A.Sさん)

最低限ラフ原は切れるようにはなった

仕事の関係で途中、学習の期間があまり取れなくなってしまった。何とか最低限ラフ原は切れるようにはなった。

(原画 Y.Kさん)

独学では得られない知識を習得できた

もともとデジタルで仕事をしていたが、独学では得られない知識を習得できた。講義はL/Oに特化していたイメージ。2原のやり方等、色々な人のやり方や意見交換会などがあればもっとよかった。

(原画 A.Iさん)

L/O・2原は習得し、仕事でも使っています

L/O・2原は習得し、仕事でも使っています。今後もデジタルでやっていければ。講義ペースはちょうどよかったです。

(原画S.Sさん)

作監修正なども学びたい

第1回、第2回と受講しましたが、第2回の講義ペースが丁度よかったです。作監修正なども学びたいです。

(キャラデザ・作監 J.Yさん)

基本的な機能は習得できた

基本的な機能は習得できた。L/O作監修正も時間があればデジタルで挑戦している。設定もデジタルでやっていきたい。

(キャラデザ・作監 S.Hさん)

L/Oをデジタルで行っています

L/Oをデジタルで行っている。紙と比べてスピードは落ちるが今のところ作業に支障はなさそう。リテイク作業(TP)をやっていきたい。デジタルL/Oに関してはデジタルで修正を入れていきたいので、そちらの講義もしてほしい。

(作監 M.Tさん)

今後問題なく使っていけそうです

2原はできています。L/Oは現場作業としてできていないが今後問題なく使っていけそうです。最初の講義が難しく、マスクを教えるタイミングが早く感じました。原画作業としてのタップ割のやり方を学びたかったです。

(原画 H.Aさん)

映像の共有があったのがよかった

講義後に映像の共有があったのがよかった。2原はできている。ラフ原自体は仕事として避けているが、習得はできているので今後機会があればやっていきたい。

(原画 S.Kさん)

演出修正をデジタルで行っています

演出として参加させていただきましたが、作画的な面を知ることができて参考になりました。今の作品で、演出修正をデジタルで行っています。

(演出 M.Sさん)

講義の進行ペースが良かったです

ClipStudioは今回が初めてだったのですが、逐一質問もできて、講義の進行ペースは良かったです。動画をはじめたばかりでの参加だったのでL/O実践はまだですが、今後使っていけそうです。TP修正も習得できればと思います。

(動画 J.Sさん)

より知識を深められたと思います

専門学校時代にClipStudioを習っていましたが、より知識を深められたと思います。講義の進行ペースもちょうどよかったです。

(動画 A.Oさん、M.Nさん)

お問い合わせ・応募はこちらから

株式会社トムス・エンタテインメント

〒164-0001
東京都中野区中野3丁目31番1号
MAP
PAGE TOP